土地があったら賃貸経営!土地の場所と意外な活用

賃貸経営をする上で考えるべきこと

相続などによってちょっとした土地が手に入ることもあるでしょう。その土地をそのまま持っていても税金がかかるだけで無駄になってしまいます。せっかくなら何かを準備して賃貸経営をしようというのは良い考えです。そのときには考えるべきこととして、その土地で何をするのが最も借り手がつくかという点があります。その場所によってマンションのニーズがあるか、駐車場のニーズがあるか、あるいは倉庫のニーズがあるかといったことが違うからです。

手軽にできる駐車場経営

多くの場所で需要があって手軽にできるのは駐車場経営です。初期費用が小さくて済むということがメリットであり、初めて賃貸経営をする人にとってはとても取り組みやすいものでしょう。必要があれば駐車場系の業者に依頼することによって管理まですべてを依頼してしまうことも可能であり、立地に応じて月極駐車場やコインパーキングなど適切な利用方法を提案してもらうこともできます。手軽さにおいて駐車場経営の右に出るものはないでしょう。

マンションはまずいと感じたら倉庫も考慮

マンション経営は初期投資が大きいものの収入面でも資産面でも魅力が大きいものです。ただし、立地に大きく影響を受けるという面があり、人があまり住みたくない場所である場合には空室が目立ってしまって赤字になるリスクもあるでしょう。そういった場所の土地を持っているときには発想を転換して倉庫を作るのも良い方法です。人があまり多くない場所ではトラックの出入りがしやすい場合も多く、業者が使用する倉庫として活用しやすいことも多いのです。

札幌の賃貸住宅を選ぶ際は近隣の環境を重視することが大切です。札幌は都市部と山間部が近い郊外とでは環境が大きく異なり、天候にも違いが生じることから入居前に必ず下見を行うように心がけます。