部屋をすっきり見せるためのマンションの収納術

マンションの空間を活かす家具の選び方

マンションの空間は一戸建てのような拡張性はありません。庭に物置を置くことはできませんし、床を掘って床下収納を作ることも無理です。このため、限りある空間を有効に活用する必要があります。家具を置くときは、ムダな空間が生じないようにしましょう。具体的には天井の高さに近い収納家具を置くと、天井付近の空間も使えるため収納スペースを増やすことができますよ。また、ベッドは下に収納機能が付いているタイプを選ぶと便利でしょう。

ムダなスペースを生じさせない収納方法

まずクローゼットにかけるハンガーはスリムなものにしましょう。ハンガーが幅を取ると、その分服を収納できなくなります。また、シャツやスカートなどの比較的丈の短い服は固めて吊るしましょう。こうすることで下に余剰スペースが出来るので、そこに服を置くことができます。それでも服が溢れて収納に困るという場合は保管付きクリーニングを利用するのも良いかもしれません。春に冬物をクリーニングに出すと冬に着る時まで保管してくれます。

何が入っているかわからないスペースをなくしましょう

家に住んでいると物が増えてきます。増えてきたものの中には使わないものも結構あります。こういったものを捨てるのはもったいないからと、クローゼットの隅などにしまい込んでおくと、収納スペースを圧迫することになります。すぐに取捨選択できるように何を収納しているのか常に分かる状態にすると良いですよ。透明なプラスチックケースに収納すると外から中を確認できるので便利です。そして、何年か使っていないものは潔く捨てるようにしましょう。

仙台のマンションでは、セキュリティの整った物件が豊富に存在しており、女性一人でも安心して暮らすことができます。